走行距離の少ないフォレスター中古車

MENU

走行距離の少ないフォレスター中古車は買いか?なぜ?

 

 

 

中古車情報誌のカーセンサーで走行距離のかなり少ないフォレスター中古車を探してみました。

 

一般的に新古車は走行距離は50km未満というのが普通です。

 

このページでは中古車として走行距離がかなり少ない500km〜7000kmのフォレスター中古車についてです。

 

 

フォレスターの車両価格と走行距離の相場です。

 

 

 

 

この相場表をじっくり見てみると、新古車(50km未満)と走行距離の少ない中古車(7,000km未満)では車両価格についてはすべて230万円以上とあまり値段が変わらないという結果でした。

 

あまり値段が変わらないのなら、より新車に近くて、リセールバリューも見込めるフォレスター 新古車を選んだ方がお得ということになりますね。

 

また、価格重視でフォレスター中古車を探している方は、走行距離が最低でも1万kmを超えないと中古車相場が下落してきません。

 

 

しかし、走行距離が少ないという事を重視しすぎると、購入後に後悔するかも知れません。

 

 

 

走行距離の少なすぎる中古車の考えられるリスクとは?

 

単純に考えると走行距離の少ない車の方が中古車としては優秀です。

 

シンプルに言うと10年落ちモデルなのに、たった3〜4万km程度しか走ってない中古車を指します。

 

たしかに、走行距離だけを見れば買い!なわけです。

 

しかし、クルマ業界では1年に1万km前後を想定しており、10年落ちモデルなら10万km前後走っているのが平均とされています。

 

 

なぜ、走行距離が少ないのか?

 

大きくわけると以下の2つです

  • 前オーナーが単純に乗る機会が少ない人だった
  • メーターが改ざんされている(メーター戻し)

 

 

 

買う側として一番おいしいのは、「試乗車か、前オーナーがあまり乗らなかった」といったクルマですね。

 

きちんと定期的なメンテナンスをしていたのかをチェックする必要はあるものの、走行距離の少ない車は一般的に質の高い中古車と言えます。

 

逆に買う側として最悪なのが、メーター改ざん車を買ってしまったというケースです。

 

 

 

 

中古車は走行距離が少ない方が確実に高値で売れます。

 

よって、走行距離10万kmのクルマのメーターを4万kmまで戻すのです。

 

素人ではほとんどわかりませんのでカモになっており、悪質な業者があとを絶たないのです。

 

(アナログ式よりもデジタルメーターの方が改ざんが容易です。)

 

 

走行距離が少ない割に価格の安いフォレスターは疑ってかかる

 

走行距離が10万km〜15万kmのフォレスターの中古車平均相場は、90〜100万円です。

 

そんな中、走行距離が4万kmなのに35万円といったフォレスターもあります。もちろん事故車ではありません。

 

こういう例がちょっと気をつけなければならない例ですね。

 

 

普通であれば、走行距離4万kmのフォレスターの方が高いというのが常識だからです。

 

 

フォレスターの中古車を探していて年式の割に走行距離が少ないタマを見つけたら、同じ年式のフォレスターの相場を調べてみて下さい。

 

 

 

 

あとは、中古車屋さんになぜこんなに走行距離が少ないのかを質問してみることです。

 

もし、ショップがメーター改ざんしている場合は正直に話してくれないでしょう。

 

ショップの店員がうそをついているのかどうかは、実際にお話を聞いた時の直感しかないというのが正直なところです。

 

 

 

フォレスター 10年落ち

年式の割に、走行距離が少なすぎる中古車はできるなら避けた方が無難でしょう。

 

 

フォレスター 5年落ち
 

スバルディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 スバルディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車査定比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。



このように 査定額の差が52万円となったケースも実際にあります!