MENU

新型フォレスター モデルチェンジ情報 2018年6月20日

 

 

スバル フォレスターニュース から

 

 

 

新型「フォレスター」を発表
「ドライバーモニタリングシステム」・「e-BOXER」搭載グレードが人気

 

  • スバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」1 を採用。車がドライバーを“おもてなし”して、安全な走行をサポート。
  • モーターアシストによる軽快な加速により、日常シーンでも走りが愉しめる「e-BOXER」を搭載。
  • スバルグローバルプラットフォームを採用。クラストップレベルの快適性と安全性能を実現。
  • 最新の先進安全装備「歩行者保護エアバッグ」と「アイサイト・ツーリングアシスト」を全車標準装備。

 

 

スバルは、新型フォレスターを 2018年6月20日に発表し、7月19 日から発売開始します。

 

第5代目となる新型フォレスターは、スバルが最量販車種と位置づけるグローバル戦略車です。
乗る人すべてが愉しく、快適な空間を共有できるよう、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。スバル共通のデザインフィロソフィーDYNAMIC x SOLIDのもと、SUVらしいたくましさや、機能的で使いやすさが感じられるモダンキュービックデザインを表現しました。

 

また、スバルグローバルプラットフォームを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。さらにスバル初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加えることで、お客様が豊かさ、快適さ、愉しさ、冒険心といった気持ちを感じられるエモーショナルで身近な存在として、機能・性能を磨き上げました。

 

新型フォレスターの先行予約台数

新型フォレスターの先行予約台数は、2018年5月〜2018年6月までに4000台をオーバー、グレード別でみると、「ドライバーモニタリングシステム」と「e-BOXER」を搭載する「Advance」が全体の約40%と一番多くの予約が入っております。

 

 

 

新型フォレスター価格

 

 

販売計画

 

月販 2,500台
実際の販売台数はこちら フォレスター 販売台数

 

スバルディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 スバルディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車査定比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。



このように 査定額の差が52万円となったケースも実際にあります!