MENU

スバルフォレスターハイブリッド「e-BOXER」の実力は?

エンジン 2.0L+モーター 
駆動方式 フルタイムAWD
トランスミッション リニアトロニック
エンジン最高出力 145ps
モーター最高出力 13.6ps
燃費(WLTCモード) 14.0km/L
市街地 11.2km/L
郊外 14.2km/L
高速道路 16.0km/L

 

フォレスターの搭載している「e-BOXER(イ-ボクサー)」は、スバルXVで採用しているシステムと同じで、電動モーターがエンジンをアシストするパラレル方式というハイブリッドシステムです。

 

そのモーター(13.6ps)は、加速と同時にアシストするので加速レスポンスがさらにアップしており、重たいボディが軽く感じるほどの加速力です。

 

加速が良くなっているのに、なんと燃費も良くなっています。

 

ガソリンモデルであるツーリング、プレミアム、X−ブレイクグレードが14.6キロなのに対して、e-BOXERは18.6キロと約4キロも向上しています。

 

スバルのフォレスター「e-BOXER」ハイブリッドに関しての考え方は燃費重視ではなく、走りを重視したハイブリッドというのはスバルが初で、ハイブリッドのコンセプトや考え方が、他メーカーとは違うわけです。

 

 

 

 

フォレスターe-BOXER 試乗レポート

 

youtubeにモータージャーナリストの河口まなぶさんによる新型フォレスターeボクサーの公道での試乗レポート動画がアップされていたのでご紹介します。

 

 

動画時間10分26秒

 

上記の動画で河口まなぶ氏が解説されているフォレスターの口コミをレポートにしています。
「今度はeボクサーですねeボクサーを搭載したアドバンスこちらで行動ハーツ市場ということでお付けしたいと思います
ちなみにこのアドバンスというモデルなんですけれども今回の新型フォレスターで最も売れているモデルで現時点で1万2000台を受注があったわけですがそのうちの40%がこのアドバンスを選んでいるという一番の売れ線モデルということになります。

 

さあ今乗り出しましたけれども印象いいですね
やっぱりeボクサーでモーターはですねアシストが入ってますのでそれによる走り出しの滑らかさ力強さが顕著に感じられます。

 

それと走り出した気が付くのはアドバンスの場合はeボクサーを搭載している関係上車両重量が今回のフォレスターの中では最も重いクルマということになるわけですけれども
その重さがですねいい意味で重厚感クラスが上に感じるような雰囲気それを感じさせる要素になっていると非常に高街中なんかも走っているとと嫉妬を感じられるのが特徴になっています

 

eボクサーを搭載したアドバンスの場合は18サイズのサマータイヤを履いているわけですけれどもその印象も悪くないですね
タイヤのインチが大きくなってどのような乗り味になるのかなというのは非常に気になるところでしたけれどもこうして乗ってみると乗り心地も悪くないピタッと路面に吸い付くようなそんな印象が生まれています
やっぱりあれですね今回の信号とフォレスターはその先代に比べるとデザイン的にも非常に高しっかり感が出てあのキャラクターラインなんかもですね。

 

しっかり入ったことで塊感が出たしその筋肉質のですね感じが出てなおか2内装は特に今試乗しているこのブラウンの内装のモデルだと suv が持っている豊かさを表現するようなそんなイメージ味のインテリアが構築されているなという感じがありますけれどもそれに加えてこの乗り味走り味ですね
一番大人っぽいこのアドバンスなので2.5リッターの搭載モデル

 

これまで行動でお届けしてきたXブレイクはこれまでのフォレスターらしい軽快さしなやかさこれがすごく表現されているモデルだなというふうに感じたわけですけれども一方でこのeボクサーを搭載したアドバンスは新世代のフォレスターになって新たに手に入れたクルマとしての成長新かそういったものを存分に感じさせる内容になっているとお伝えすることができます
なので最も走りが大人っぽくて最も豊かさを感じるそんな1台といえる仕上がりがこのアドバンスの特徴ということになります。
ちなみにも僕が試乗しているモデルはただ9万6000円ですねこれにメーカーオプション様々なものが装着されて343万円という価格になっている仕様です。

 

諸費用込みでまぁ400万に収まるぐらいの車ということになるわけですね。
いいですね今ショックを走ってますけれどもやっぱりあの重量が増えて18インチになった分ツーリングとかXブレイクのような17インチ装着者の2.5リッターエンジン搭載車から比べると若干ですね
その継ぎ目のところでポンという感じがあの強く出ますけれどもそれ以外は非常に良好ですしむしろ露米のですね
継ぎ目がないような所ではビターっとした感じはやっぱりこう伝わってくるのが非常に良い感じ戻して伝わってきます。

 

やっぱり一番そのディメンジョン的に有利なモデルというのは今日一緒に乗った2 ing車重は軽石2.5リッター搭載モデルなので
車重は軽石17インチのタイヤであたりは柔らかいしというところで非常やっぱり乗り心地面で言うとまあツーリングそして同じ17インチのこのオールシーズン履いたいくすべくこの2つがやっぱり乗り心地は非常にいいなというところですね

 

でそれに対してこのアドバンス2.5のプレミアムは18インチのサマータイヤを履くわけですけれども、同じ18インチのサマー対応背景てもやはりプレミアムの方が車両重量は軽いので乗り越し的な有利になるだろうという予測は当然つくわけですね
となるとこのアドバンスが伸び保守的には一番厳しいモデルということになるわけですけれどもそれでもピタッとフthat day
気持ちいいですね乗り心地これが実現できているとこの感覚でいうとなんかこうフォレスターやっぱ成長したなということを感じさせるそんな乗り味走り味になっているぞとが悩ましいですね。

 

2.5リッターは乗れば本当に警戒しないかこれまでのフォレスター風味がすごくあるので今までの forestnotes た人からすごく馴染みやすいんですけれどもこのいいボクサー乗るとやっぱりいいボクサーならではのをその新しさと質感の良さみたいなところはすごく感じるところでこれはまあ
大きな所かなというふうに思いますそれと何より使いでがあるのがアイサイトツーリングアシストこれによって本当に楽に高速が運転できますしアイサイトツーリングアシスト自体のインテリジェンスも高まっているのでもう一度使うとやっぱりやめられない装備というところですし
スバルのこのアイサイトツーリングアシスト他の輸入車のいわゆる adas 系のですね運転支援型のシステムと比べてもだいぶアドバンテージもあります非常にきめ細やかな制御が行われていますし人間の感覚に近い制御が行われているのが特徴と言えるところですね

 

それとやっぱりeボクサー組み合わせているので、junko からの再加速なんかでアクセルを踏んだ時にですねスーッとアシストしてくれるこの気持ち良さというのは、このいいボクサーならではのフィーリングということができますこれは非常に気持ちいいです c は今回の新型フォレスターの新しさこれを買うのであればやっぱりeボクサーが一番その新しさを感じられるものになってるなと言わればホット静かもうねこの静けさやっぱり大きな進化ですね
乗り心地の良さもそうですけれども特にこのいいボクサーではやはり静けさが機はがっているなという印象を受けます

 

これまで伊豆サイクルスポーツセンターでクローズドコースでの印象をお届けしてさらにXブレイクこれを行動初試乗土蔵決してそして今回ついにいいボクサー搭載したアドバンスを伝えることになったわけですけれども色々乗ってきて結論付けられるのは
やっぱり今回の新型フォレスター買うんだったらeボクサーがいいなとという風に感じますここはあのやっぱり新しさが非常に際立ってますし今普段使いの燃費とか考えると当然非常にですね有効な選択肢になってきますしなおか2乗り味ですね今までのフォレスターにない
上級上質な感覚が一番あるのがこのeボクサーとというふうに感じました

 

一方でこれ人の好みなので乗り比べるとや2.5Lのほうが軽くて気持ちいいよとしなやかななめらかでこっちの方が素晴らしいよという意見も当然あると思います
特にやっぱり橋をそのこれまでのスバルの走りをイメージしている人にとっては2.5リッター搭載モデルこれが一番しっくりくるんじゃないかなというところがあります。

 

新型フォレスターアドバンスついに公道で試乗しましたけれどもやはりこのモデルが新型フォレスターの目玉といえるモデルということを確信しました
現段階で41%受注が入っているということにもうなずけるそんなも手です今発注した人というのはまだ現物に触れずに月に発注した方だと思いますけれどもアドバンスを選んで皆さんご安心ください非常に良い車になっています。

 

 

フォレスターe-BOXER 口コミ

 

現在は、アウトバックにのっております。

 

先日試乗する機会があって乗ってきましたが、すぐにでも乗り換えたいと思うほど良い出来だと思いました。

 

e-BOXERとは言っても、プリウスのようにモーターだけの走行はほぼ無理ですが、電動アシストはイメージしていたよりも強力で気持ちいい。

 

また、燃費を最重視している人はもっと車格のコンパクトなクルマにした方が良いと思うし、外観を重視する人はe-BOXERよりもXブレイクの方が良いと思う。

 

 

 

 

 

スバルディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 スバルディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車査定比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。



このように 査定額の差が52万円となったケースも実際にあります!