MENU

スバルフォレスターの年間の維持費はどれくらいかかるのか?

 

現在のSUVブームが始まる前から、普通自動車に初めて四輪駆動システムを搭載させたスバルならではの高い走行性能をもたせた自動車として人気があったのがスバルフォレスターです。
フォレスター フルモデルチェンジを行い、車体が大きくなった事で走行性能が尚一層高まりましたし、街中でも溶け込めるようラグジュアリーさも犠牲にしていません。
見た目と走行性能のどちらも兼ね備えている自動車というだけあり変わらぬ人気を誇っているのですが、購入を希望している方々にとって気がかりになるのは所有していく上での維持費についてです。

 

所有する上で必要になる維持費は例年5月に納税する自動車税をはじめガソリン代や自動車保険料、定期的なタイヤ交換やオイル交換、車検やメンテナンス費用なので数としてはそう多くありません。
ただし、一つ一つの出費額を見ていくと決して安価とは言えずガソリン代やオイル、タイヤなどは個々の使い方により大きく変動しますし、アパートやマンションなどで生活している方の場合では駐車場の費用も必要になります。

 

 

フォレスター維持費 目次

 

 

 

個人的にはフォレスターは維持費がかかる印象が強いです!

 

では!

 

実際にどれくらいの維持費がかかるのかをご紹介していきます。


 

 

自動車税と駐車場代

自動車税はスバルフォレスターのエンジンの排気量である2000ccなら3万9500円という事で固定化されていますがガソリン代や自動車保険料は走行距離や年齢により異なり、駐車場は生活している地域により大変差異が大きく2千円から5万円と相場が広いです。

 

その他にも使用して遠方に出かけるといった場合は、下道よりも高速道路の方が円滑に走行できるので交通費として高速道路料金が発生するなど、細かな出費が嵩むことになります。
そこで、スバルフォレスターに憧れを抱いているものの、出費面で不安材料があり本契約が決意できないという方や、既に本契約を済ませて使用しているものの出費が嵩み、経済的に大きな負担を抱えてしまっている方はできるだけ維持費が抑えられる向き合い方を工夫してみましょう。

 

車検代

最も負担が大きくなってしまうと考えられるのは車検なのですが、車検は2年に1度の頻度で行われるものなのは実際は他の事柄に比べると大きな負担額とは言えません。

 

 

自動車保険料

いくつもの項目がある中で最も負担になりやすいのが自動車保険料であり、それは1年に1度条件に則って定められた金額を支払わなければならないためです。
しかも、最も振り幅が大きいと言っても過言ではない事柄で1年間あたり数万円で済ませられているオーナーが居る一方で、同じ1年間という期間で同じ車に乗っているのに10万円から20万円以上も支払っている方が少なくありません。
差異が大きいのは等級や年齢が大きく結果に左右されるという特性が関係しており、年齢が35歳で車両保険を付けた場合では一ヶ月間あたり4500円となり年間では5万1490円分の支払い義務が生じます。

 

ところが、同じ35歳という年齢であったとしても車両保険を付けずに契約していれば一ヶ月間あたりの支払額は2850円となり、年間では3万2620円の支払い義務となります。
各費用の中で突出して大きな負担ではありますが、安全運転を心がけて無事故無違反を継続していけば等級を高める事ができるため、年を追う毎に保険料を割安にしていく事ができます。

 

 

燃料(ガソリン)代

フォレスター ガソリン代

 

スバルフォレスターに限った話ではないのですが、ガソリン車はガソリンを給油しなければエンジンを始動させたり走行する事ができないので、車としての存在価値を見出すためには必要不可欠なものです。
スバルフォレスターの燃費は1リットルあたり12キロメートル走行できるので、1年間に1万キロを走行する事を考慮すると年間で833リットル程消費する計算になります。
地域によっても価格差がありますが、現在のガソリン価格における相場の150円で年間消費量の833リットルをかけた際に導き出される数値はおよそ12万円となるため、1年間でフォレスターのために出費する金額はおよそ12万円と考えておけば経済計画が立てやすいです。

 

12万円を1ヶ月で割ると当然1ヶ月間あたりの出費金額は1万円となり、購入に際してガソリン代というランニングコストが気がかりになっているのなら、現在の生活から1ヶ月間あたり1万円分が捻出できるのかを一つの指針として考えましょう。 

 

 

長く乗るためのメンテナンス代

フォレスターはもちろん、スバル車は自動車業界を全体的に見ても頑丈な車作りをしているという点が評価されており、頑丈さが今日のように海外市場でも高い人気を誇っている所以です。
しかし、頑丈で長年にわたって乗り続けられるとしても定期的に行うべきメンテナンスを失念せずに行い続ける事が前提条件となるので、金銭的に余裕が無くメンテナンスにかけられる費用が無いという場合は修理が手遅れになり逆に出費が嵩んでしまいます。

 

タイヤ交換・ブレーキパッド交換・オイル交換代

オイル交換を怠ればエンジン自体が壊れてしまいますし、タイヤ交換やブレーキパッドの交換を怠れば命の危険が及びます。
スバルフォレスターを長年にわたって愛用するためにも、オイル交換のために半年に1度は4千円程度のメンテナンス費用が捻出できるようにしておきましょう。

 

 

 

 

 

フォレスター維持費・維持コスト 1年目(2017)

  内容

年間

ガソリン代

780L給油

105,300円

エンジンオイル代

オイル交換 1回

5,000円

オイルエレメント

1回交換

3,000円

駐車場代

月7,500円×12

90,000円

自動車保険

15等級

59,200円

総額  

262,500円

 

【備考】
2017年度のレギュラーガソリン単価 平均135円/円で算出
1回の給油に約50L入れます。 (燃費は平均すると10キロ/L)

 

フォレスターの実燃費については別ページで詳しくご紹介! フォレスター 実燃費

 

 

 

 

 

 

 

新型フォレスターを安く買うためのノウハウ・テクニックをご紹介しています!

 

フォレスター 値引き

 

 

スバルディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 スバルディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車査定比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。



このように 査定額の差が52万円となったケースも実際にあります!